Data by MNP.LABO

タブレット端末も格安SIMカードで使える!人気タブレットランキング

人気タブレットランキング
PCほどの性能は必要ない。
でも、スマホほど小さな画面は嫌。
そんな時の選択肢、それが「タブレット端末」です。

PCとスマホの中間のような存在として、
SIMカードさえあれば外出先でも気軽にネット環境に接続できます。
また、格安ということで最近話題の「格安SIMカード」も、
タブレット端末がSIMフリーであれば問題なく使用することが可能です。

ただ正直なところ、日本においてスマホのSIMフリー端末でさえ、
登場して日は浅くまだまだ普及してきているとは言えません。

SIMフリータブレットならなおさらでしょう。

そこで今回は、そんな格安SIMカードも使えるお得なSIMフリータブレット、
その選び方とおすすめ端末や活用方法についてご紹介しようと思います。

ぜひ、SIMフリータブレットを選ぶ際の参考にしてくださいね。

目次
1.SIMフリータブレットとは?
2.SIMフリータブレットの選び方、選ぶ時の注意点
3.SIMフリータブレット人気ランキング
4.SIMフリータブレット比較
5.SIMフリータブレットの活用法
6.SIMフリータブレットの注意点
7.まとめ

1.SIMフリータブレットとは?

SIMフリータブレットとは、SIMカードのサイズさえ合えば、
どこのキャリアが販売しているSIMカードでも問題なく使用できるタブレット端末です。

これまで、日本で販売されてきたSIMカードの使えるタブレット端末には「SIMロック」
つまりは端末を購入したキャリアでしか使えないロックがかけられた状態でした。

そんな中、格安SIMカードの販売を行うMVNO事業者が登場しました。

SIMフリータブレットがあれば、これまで通りのキャリアはもちろん、
MVNO事業者の格安SIMカードもプランに合わせて自由に選ぶことができます。

格安SIMカードの一番の売りは、その「安さ」にあります。
一般的にキャリアと比べて1/3〜1/2ほど安いものが多く、
SIMフリータブレットであれば格安SIMカードを活用するのがおすすめです。

2.SIMフリータブレットの選び方、選ぶ時の注意点

日本では、SIMフリー端末が普及し始めてそれほど日が経っていません。
当然、SIMフリータブレットを所有しているという人も多くないでしょう。

そこで、SIMフリータブレットの選び方を以下にまとめました。
1.OS
2.画面サイズ
3.対応SIM

番外.タブレットPCに注意!


1.OS
SIMフリータブレットと一括りにしてはいるものの、各端末の製造メーカーは様々、
そのためインストールされているOSにも種類があります。

主なものでは、
・Android
・iOS
・Windows

などがあります。
Android・iOS・Windowsのロゴ

 

 

 

OSとは、各端末をコントロールするためのプログラム。
頭脳の一部のような役目を果たしている重要なものです。

そしてこれらOSにはそれぞれ特徴があり、
・操作方法
・使用できるアプリ

などに差があります。
例えば、iOSにある便利なアプリがAndroidには無いようにです。

PCをお持ちの方であれば、PCとの同期を考えてOSを合わせた方がいいでしょう。
その他の方でも、タブレットを何に使用したいかを意識して選ぶのがおすすめです。


2.画面サイズ
SIMフリータブレットは、各端末によって画面サイズが異なります。

よく見かけるサイズは、以下になります。
・7〜9インチ:比較的小型で持ち運びに便利
・9〜11インチ:持ち運びはもちろん、文字が大きく読みやすい
・11インチ以上:持ち運びには不便なものの、大画面で快適に動画が観れる

SIMフリータブレットを購入する理由は、
・気軽に調べ物がしたい
・通勤中、電車内で読書がしたい
・大迫力で動画が観たい

など様々でしょう。

みなさんはSIMフリータブレットに何を求めますか?
どんなシーンでSIMフリータブレットを使用したいか、イメージして選んでみてください。


3.対応SIM
先ほど、SIMフリータブレットはサイズさえ合えば、
どのキャリアのSIMカードでも問題なく使用できると紹介しました。
そう、あくまでサイズさえ合えばです。
格安SIMカードを始め、
キャリアのSIMカードなどには主に種類のサイズがあります。
・標準SIMカード
・microSIMカード
・nanoSIMカード

当然、SIMカードの大きさが合わなければ、
たとえSIMフリータブレットであっても使用することはできません。

SIMフリータブレットを選ぶ際には、対応するSIMカードのサイズをチェックしましょう。
番外.タブレットPCに注意!
OSや画面サイズ、SIMカードなど、
SIMフリータブレットについての選び方を紹介してきました。

そこで1点だけ注意があります。

それは、「タブレットPC」と呼ばれるジャンルのSIMフリータブレットです。
その名の通り、タブレットにキーボードが付属されたものです。

一見すると、非常にお得な印象を受けるかもしれません。

しかし、タブレットはあくまでタブレット、
PCほどの性能を期待するのは難しいのが現状です。

もしSIMフリータブレットを購入するのなら、
「タブレットPC」は候補から外すことをおすすめします。

3.SIMフリータブレット人気ランキング

次はいよいよ、SIMフリータブレットの人気ランキングを紹介しましょう。
1位:HUAWEI/MediaPad T1 7.0 LTE
2位:ASUS/ZenPad 8.0
3位:Apple/iPad mini 4


1位:HUAWEI/MediaPad T1 7.0 LTE
HUAWEI/MediaPad T1 7.0 LTE

1万円台から買えるお手頃な価格としておすすめなのが、HUAWEIの「MediaPad T1 7.0 LTE」

もちろん、ただ安いわけではありません。

以下のような特徴があります。
・高速通信LET対応
・大容量バッテリー
・1,600万色対応画面

SIMフリータブレットには珍しい、高速通信「LTE」に対応しています。
タブレットを使用する方の多くは、手軽なネット環境を手にいれるため。
「MediaPad T1 7.0 LTE」なら、LTEでストレスなくネットを楽しめるでしょう。

その上、4,100mAhもの大容量バッテリーが使用されています。
使用状況によりますが、約18日間も充電せずに使用することが可能!
旅行や出張など、頻繁に充電できないような環境でも安心です。

また、使用されている画面は1,600万色まで再現が可能です。
画面サイズも7インチと持ち運びにぴったり。
幅広い要望に応えられるSIMフリータブレットして、今回は1位とさせて頂きます。


2位:ASUS/ZenPad 8.0
ASUS/ZenPad 8.0

画像の美しさと音の良さという所では、ASUSの「ZenPad 8.0」が良いでしょう。

以下が特徴になります。
・画面占有率76.5%
・「ASUS VisualMaster」を採用
・6つのスピーカーが搭載

「ZenPad 8.0」の画面占有率は76.5%
そのため、8インチと大きめの画面に関わらず、ボディは小さく設計。
気軽に大画面のタブレットを持ち運ぶことができます。

また、ASUS独自の「ASUS VisualMaster(映像テクノロジー)」を採用
映像の鮮明度から色合い表現に至るまで繊細に表現が可能です。
最新型の液晶テレビで観ているかのような映像美を体験できます。
その上、「DTS – HD Premium Sound™」対応の高性能スピーカーを合わせた、
全6スピーカーが搭載!これまで以上に大迫力の音を楽しめます。
SIMフリータブレットで動画を楽しみたい方が多いことを考え、2位となりました。


3位:Apple/iPad mini 4
Apple/iPad mini 4
カメラにこだわりたいなら、Appleの「iPad mini 4」で決まりです。

以下が特徴になります。
・高い処理速度のA8チップを採用
・指紋認証「Touch ID」を搭載
・2台の高性能カメラと処理システム

64ビットのCPU「A8」を搭載。
デスクトップパソコンにも引けを取らない処理速度を実現!
動画はもちろん、高度な処理が必要とされるシステムもスムーズに稼働します。

Appleの強みの1つにセキュリティの高さがあります。
特に、「iPad mini 4」には指紋認証「Touch ID」が搭載!
登録者はワンタッチで簡単ロック解除、未登録者を正確にブロックしてくれます。

一番の特徴と言えるのが、「iPad mini 4」に採用されている2台のカメラ。
8メガピクセルのセンサーで1,080pのHDビデオ撮影も可能!
驚くほど綺麗な写真や映像が撮れることから、ここでは3位とします。

4.SIMフリータブレット比較

先ほどは、SIMフリータブレットをランキングで紹介しました。
それぞれの特徴は把握していただけたことと思います。

そこで、各SIMフリータブレットの基本情報を比較しました。
各SIMフリータブレットの基本情報を比較

表を見て頂くと分かる通り、
ランキング上位のものほど性能面と価格面でのバランスが取れています。

いくら便利だとしても、
SIMフリータブレットはあくまでスマホやPCの補助的な役割を持つ端末。
それ以上の性能を求めないことが一般的です。

高価なものを選べば、それだけ高性能なものが買えるのは当然。
必要な機能をいかに低価格で探し出すかがSIMフリータブレットの醍醐味と言えます。

そう考えると、自ずとSIMフリータブレットの相場は1万円〜3万円以内
自分の求める機能を1〜2つに絞ることで、手頃な価格で探すことができるでしょう。

5.SIMフリータブレットの活用法

よくあるSIMフリータブレットの活用例と言えば、
・ネット検索をする
・動画や音楽を聴く
・写真を撮影する
・電子書籍を読む

などが考えられます。

しかし、SIMフリータブレットにはそれ以外にも様々な活用法があります。
上手に活用できれば、SIMフリータブレットはより便利なものになりますよ。

例えば、以下のような活用方法です。
・PCとの同期で資料作成
・レシピサイトを閲覧しながらの料理
・旅行中の情報収集
・手軽にネットショッピング
・メモ帳代わり

特におすすめは仕事での活用です。
SIMフリータブレットには、
・ファイル管理
・メール閲覧
・officeの編集
・グラフ製作
・グラフィック製作

などができるアプリが豊富に揃えられています。

これらアプリの多くは、PCと同期することが可能!

PCで作業途中だったファイルをSIMフリータブレットで編集する。
PCで製作した作品を、クライアントにSIMフリータブレットで見せることもできます。

SIMフリータブレットの活用方法はアイディア次第!
ぜひ、みなさんの生活がより良くなる活用方法を考えてみてくださいね。

6.SIMフリータブレットの注意点

SIMフリータブレットの購入を決める前に3つほど注意点があります。
1.購入店は信頼できるところか
2.契約内容が自分に合っているか
3.端末とSIMカードが対応しているか


正規店または専門店がおすすめ

1.購入店は信頼できるところか
まず、SIMフリータブレットは、正規店または専門店がおすすめです。

アマゾンや楽天はもちろん、
その他通販サイトでもSIMフリータブレットは販売されています。
中には、中古で格安なものも目にするでしょう。

しかし、SIMフリータブレットはまだまだ普及していないものです。

知られていないからこそ、粗悪品が出回りやすくなっています。また、正規店や専門店のようなサポートが受けられない場合もほとんどです。

SIMフリータブレットは、ぜひ信頼できるところで購入しましょう。


2.契約内容が自分に合っているか
SIMフリータブレットと同時に格安SIMカードも購入する方がほとんどだと思います。

その格安SIMカードの契約内容、みなさんの利用状況に合ったものですか?

格安SIMカードを販売するMVNO事業者の数は増え続けています。
そのため、格安SIMカードのプランも様々
みなさんにはそれぞれのプランを選ぶ自由があります。

よくあるのが、不必要なほど多くのデータ量で契約するというもの。
結局、ほとんど使わないまま高い基本料金を払い続けることになります。

SIMフリータブレットを検討される方は、同時に利用方法についても考えてくださいね。


3.端末とSIMカードが対応しているか
もっとも注意して頂きたいことは、
SIMフリータブレットに対してSIMカードが対応しているかどうか。

これは、先述したSIMカードの大きさだけの問題ではありません。

実は、格安SIMカードを始め、各SIMカードには「通信規格」が存在しています。
規格が合わなければうまく通信ができず、SIMフリータブレットとして使えません。

この規格については、
SIMフリータブレットや各キャリア、MVNO事業者の公式サイトに記載されています。
SIMフリータブレットとSIMカード、購入する前には確認しておくのがおすすめですよ。

7.まとめ

SIMフリータブレットの選び方やおすすめについて紹介しました。

SIMフリータブレットを選ぶポイントは、
・予算
・機能

この2つのバランスです。
必要な機能をいかに低価格で探し出すか。

ただ、SIMフリータブレットにはSIMカードが欠かせません。
当然、SIMカードを契約すると基本料金が毎月かかります。

せっかくSIMフリータブレットを低価格で購入できたとしても、
SIMカードの基本料金が高ければあまり使い勝手がいいとは言えなくなります。

SIMフリータブレットを検討する際には、
使用頻度や予算に合ったSIMカードの契約プランを選ぶようにしましょう。

ページ上部へ戻る